たにしろぐ

日記というより備忘録です。

中学の夏の思い出

 

中学生の頃、サマーキャンプのようなものに行ったことがある。

確か青少年赤十字が主催していたもので、県内の中学から2-3人くらい参加していたと思う。

自分は内申点*1が欲しかったのと部活をサボりたかったのとで、二泊三日だかそれくらいのサマーキャンプへ行くことにした。

 

 

埼玉県の加須市だったと思う。長閑な風景と、広義には青少年の倫理保護のために設置されたポスト*2が印象的だった。

 

自分の学校からは自分と、同じ部活の仲間1人、そして別にもう1人参加していた。

 

アイスブレイクから始まり、赤十字主催だけあって、数多くのアクティビティが用意されていた。

 

とくに授業はつまらなかった。

みなが無償の愛だとか、ナイチンゲールだとかマザーテレサだとか色々と言っている。大人たちは目をらんらんとさせて生徒たちに己の理想を語る。騙る?

そもそも奉仕の精神が皆無であり、ボランティアなど糞食らえな人間に言っても馬の耳に念仏である。

 

とかくつまらないものだった。

 

 

また、アクティビティがあるわけで、つまりはグループというものがあった。

自分のグループはまずまずよくやれていたと思う。

当時の自分は初対面の人といきなり上手くやる手腕がなかったから難儀していたが。それでも話せば仲良くなることはできるので、一度距離感を掴めば簡単だった。

 

 

 

 

 

そして当然のことだが、カーストが形成される。

 

久喜の人だったか、一目でそれとわかる野球部の人が3人。

彼らがお山の大将だった。セクシャルアピールの強い個体がお山の大将になるのは自然の理である。

自室に女子を呼び、大声で話して、叫んで、静かになったと思ったらいちゃいちゃしていた。

 

中学生なんてそんなものだ。

 

当時の自分はそういう人種を毛嫌いしていた。

自分にはできない、という嫉妬も混ざっていた。

 

「誰と誰が手を繋いでいた、ケータイを使ってこんなことをやっていた」

ウェイに追い出され、泣く泣く自分の部屋に来た部活の同級生の愚痴に似た報告を聞く。

2人で2段ベットの上に寝転がり、薄汚れて所々シミになった天井を蹴りながらお互いの境遇を慰めあった。

 

 

 

 

アクティビティには色々種類があり、キャンプの参加者は皆何かを企画し、主催することが義務付けられていた。

施設にあった将棋を使って将棋大会をしたり、ダンスを踊ってみたり、みな思い思いに楽しんでいた。

 

野球部は朝の筋トレを企画していた。

いっちにっ、さーーーん

という全国の野球部伝統の掛け声とともに、いち、で右足を横に出し、に、で左足を横に、さーんでスクワットする、ということを何十回かされた。

広場の参加者たちはキツいキツいといいながら朝の運動に顔を綻ばせている。

自分は運動こそ嫌いではなかったが、気にくわない連中の掛け声でスクワットするのに最後までいい気がしなかった。

 

 

 

結局、自分は企画・主催をしなかった。

何人かいた大人には注意をされたが、ずっと無気力な態度を取っていたからだろうか、あまり深く言われることはなかった。

 

グループでも最後のプレゼンが控えていた。

プレゼンは昔から得意で、ペープサートを使った発表はそこそこの評価を得た。

グループのメンバーにも色々と感謝された。

自分には頭をひねることしか能がなかった。

 

 

 

最終日の朝、キャベツの千切りにサウザンアイランドドレッシングをかけながら思う。

結局、なんだったのだろうか、と。

赤十字という看板のもと、宗教じみた授業とアクティビティの数々。

自由時間はウェイが跋扈し、うだつの上がらない自分らは何も言わず大富豪に興じる。手札にエース以上の札が来ないことを嘆いてはいけない。

 

 

自分が得たものは、結局自分はそういう雰囲気に乗っかることのできない人間だ、という認識。

一歩引いて考える。「意味のあることか?」

それが空気を悪くすることだってことは知っている。だから1人で悶々と読書をする。

 

 

あまりに悶々と読書をするもので、施設に置いてあったナイチンゲールの評伝を全て読みきってしまった。

最も面白かった場面はどこか。

 

それはナイチンゲールが従軍したクリミア戦争に於いての、戦闘の様子が仔細に描写されたシーンだった。

クリミア戦争に於いてロシアはその後進性が露呈し、改革を余儀なくされ、ヨーロッパの盟主だったオーストリアは外交の失敗から落日の色を見せる。

 

自分も改革が必要だろうか、付き合い方に問題があっただろうか…

そんなことを考えていたかは今となってはわからない。

 

だが、白衣の天使に興味を持たず、戦争の描写を嬉々として読む自分はつまりそういう人間だった。

それでいい。

 

今でも思う、満足だ。

 

 

 

 

 

 

1年が経っただろうか、ある日、当時のグループのメンバーとばったり遭遇した。

うだつの上がらない大富豪仲間だった。

 

1年くらいでは変わらない。

相変わらずうだつの上がらない奴だった。

 

 

今となってはもうわからない。

 

 

 

 

*1:成績に加算される課外活動の点数

*2:狭義にはエロ本収集ポスト