たにしろぐ

日記というより備忘録です。

夜なべの京アニ

こないだ、友人宅で『中二病でも恋がしたい!』1期をオールナイト視聴した。『中二病』は自分のなかでは記念碑的作品で、なぜなら深夜アニメを観始める機会になったからだ。

確かリアルタイムで追いついたので、高校2年生の頃とかそのあたりだったと思う。

大学生になり、まずまずの数のアニメや映画を観て、ある程度知識を持った状態で観たことになったが、超面白かった。めちゃくちゃ良かった。そりゃ深夜アニメを観始めるわけだ。だって面白いもの。

中二病が自身のトラウマや過去、非情な現実に対する装甲だという考えから(『SHIROBAKO』の小笠原さんのゴスロリに通じるところがある)中二病というふんわりした特徴をうまく人間ドラマに結びつけていくプロット。随所にギャグがあってテンポがいい。キャラの動かし方が本当に上手い。被写体深度を意識した演出もあり、改めて観るとたくさんいいところが見つかった。

2期はハードルが上がってしまった感はあるものの、1期がここまでいいとは思わなく、こうなってくると『氷菓』あたりもまた観てみたいなと思ってきた。京アニは今度『聲の形』を映画化するが、これだけお熱になるとどうしても期待してしまう。期待させてくれる映画があるのは嬉しいこと。深夜アニメの監督やスタッフがやっているアニメ映画は最近結構頑張っているし、(妖怪ウォッチとかはもともと物凄く売れるのだけれど)『聲の形』なんかは原作が大好きなので面白いものであってくれたらな、と思っている。まぁ監督が京アニの山田監督、脚本が今をときめく吉田さんだし…。きっと面白い。そう思う。